読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

彼方の音楽

毎日の中でこころ動かされたことを、つらつらと綴っていきます。

Perfumeの新曲「FLASH」は末次由紀描き下ろし

Perfume コミック

大ヒット少女マンガを原作とする映画「ちはやふる」の主題歌であるPerfumeの新曲「FLASH」のジャケットを、原作者の末次由紀が書き下ろしました。

 

natalie.mu 

 「ちはやふる」は、「競技かるた」を、また「競技を通じた友情」をテーマにした物語です。オマケのように「恋愛」もテイストとしては入っていますが(そして映画ではそれが若干フォーカスされるかもしれませんが)、メインテーマはあくまでも「友情」です。

 

ちはやふる(1) (BE・LOVEコミックス)


「ちはやふる -上の句・下の句-」予告

 

少女マンガのテーマといえば「恋愛」が第一に思い浮かびますが、実は「友情」をテーマにした漫画にも、数は少ないながら、名作があるんですよね。

純愛漫画として名高い「君に届け」も、2巻は主人公とその女友達の友情がテーマで、結構このあたり泣けます。

 

君に届け (2) (マーガレットコミックス (4094))

 

 

また、戦い、そして友情をテーマにした少女マンガの名作といえば、やはりこれ。

 

ガラスの仮面 コミック 1-49巻 セット (花とゆめCOMICS)

 

北島マヤと姫川亜弓の、紅天女という絆で固く結ばれた友情は、誰も入り込むことができない硬度を持っています!

 

さて、「ちはやふる」に戻りますが、キャラクターの造形もそれぞれ魅力的で、脇役にもいちいち見せ場があり、大変良い漫画です。絵もキレイです。しかし若干気になるところがあります。末次先生は、時々、おや?と思うような不思議なポーズの絵を描くのですよね。

 

例えば、「ちはやふる」16巻の表紙はこちらです。

 

ちはやふる(16) (BE・LOVEコミックス)

 

千早、何やってんでしょうかね。踊ってるんでしょうか。

「FLASH」のジャケットにも、実は若干、同じものを感じるんですよね。なんでこのポーズ?って。ちょっとだけ。はい。

 

でもまあ、Perfumeの皆さんは喜んでいるようなので、いいですけれども。

 

ところで、映画公開と同時にリリース予定の「こいのうた~Inspired by 映画『ちはやふる』」には、一時、フジファブリックの曲の収録されるような報道があったのですが、その後、記事からフジファブリックの名前が消えるとともに、「※記事初出時、本文に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。」という追記がされているので、間違いだったのかもしれません。すごく残念です・・・・・。

 

【追記】

コンピレーションアルバムについてリリースありました。

フジファブリックの「若者のすべて」が収録されてます!