読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

彼方の音楽

毎日の中でこころ動かされたことを、つらつらと綴っていきます。

岡村靖幸「ちぎれた夜」の哀愁

ポップでファンクな岡村靖幸のB面は、「哀愁」です。

「彼氏になって優しくなって」のカップリング曲、「ちぎれた夜」は、どこまでも切なく、もの悲しい。

 

ちぎれた夜

ちぎれた夜

 

 

花の名前を知りたくて

君の名を呼んでいる

悲しくても寂しくても

君の名を呼んでみる

 

ポロローンと、アコースティックギターの調べにのって、縁側に座っているおじいさん靖幸が浮かんでくる。

 

昔話したおじいさんみたいに 僕らはなれるかな

同じ証を見つける様な 暮らしが出来るかな

 

歌詞だけ見ると、「ほのぼのしたいい歌じゃん」って思いますか?

聴いていると、とてもそんなメロディーじゃないんですが、やっぱり突き落としてきます。

 

私のことは忘れてと

君に言われる気がする

叫びたくて泣きたくても

君に言われる気がする

 

「電話してこないで」

「メールもいいから」

「関わってこないで」

「もう私のことは忘れてください」

・・・・・言った覚えのある女性、いるんじゃないですかね?

私はあります。

 

そういう場合、それまで、さんざん酷いことしてきたのは男の方なんですよ。

言っても言ってもなおらない。

それですっと冷めて、じゃあもういいわ別々の道を歩きましょってなった後に、捨てられた子犬のような眼で見られても心はもう1ミリも動かない。

そんな場面が浮かびました。

 

この曲では、歌い手はうすうす予感はしているのです。

どんなに「叫びたくて泣きたくても」、君と、穏やかな暮らしに至ることはないのだろうと。だって、自分を変えることができないから。

 

だとしたら、独りになって、悲しくて寂しくても、君の名前をつぶやくくらいしか、夜にできることはないのです。

 

こころがちぎれるような哀愁を感じさせる一曲です。