読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

彼方の音楽

毎日の中でこころ動かされたことを、つらつらと綴っていきます。

「WIRED」 脳から直接繋いでみてください

Wired は、「配線された、有線の」とか、「興奮した、神経過敏」という意味がある。ここでもダブルミーニング。作詞加藤慎一、作曲山内総一郎の、重低音のロックっぽい実にカッコいい一曲。「ブルー」とダブルA面でシングルカットされています。アルバム「LIFE」にも収録されていて、「efil」と続けて聴くと、ノリノリになります。

 

ブルー/WIRED(初回生産限定盤)(DVD付)

ブルー/WIRED(初回生産限定盤)(DVD付)

 

 

痺れちゃってる 絶頂感でもう

ジリリ鳴ってる 脳内ランデブー

四の五の言わずに 突進系だぜ

 

そうそう!いつも歌詞をネタにあーだこーだ言ってるワタシですが、関係ないときもあるんだぜ!

 

ピリリ張ってる 緊張感凄い

刺激たっぷり 頂戴何度も

光の速さで 突進系だぜ

 

音に身を任せて、ひたすらノリまくろう!決して薬をキメてるわけじゃないわ!

 

「孤独を感じている時に触れた人やものによって、その孤独が解消されたりもするじゃないですか。この曲の歌詞では、そういう誰か、何かとのつながりについて歌っています。」(アルバム「LIFE」ライナーノーツ〔加藤〕)

 

え・・・・・・。

単なる言葉遊びの歌じゃあなかった。

孤独を?感じて、いる?

絶頂感でビリビリきている人かと思ったけど、実は孤独を抱えていたのか。

 

きっとワイアード

希望が渦巻き 自由になって行く

その時 この世界 繋がる

 

サイケデリックな意味で、ヒッピー的な意味で、繋がるってことでしょうか。まあいいわ。カッコいいから!

 

ところで、加藤さんには「お得意の 三文芝居 WIRED」という名句がありますが、WIREDのMVでは埼玉で地底人探しをする三名が見られます。最近のR&R Band Wagonでの小芝居(Vol.004の冒頭)といい、フジファブリックは結構芝居が好きな模様。「面白いよねえ〜」とのん気に言っている山内総一郎氏の発言を聞いて「この人本当に天然なんだな・・・・」と思いました。