読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

彼方の音楽

毎日の中でこころ動かされたことを、つらつらと綴っていきます。

NHK BSプレミアム「The Covers」にフジファブリック登場

フジファブリックが、10月13日にNHK BSプレミアムで放送された「The Covers」に出演しました。

 

www4.nhk.or.jp

 

MC:リリー・フランキー、夏菜/ゲストには、実力派人気バンド・フジファブリックが登場!竹内まりやの大ヒット曲「純愛ラプソディ」(1994年)、そして渋谷系のプリンスとも呼ばれた小沢健二の「ぼくらが旅に出る理由」(1994年)をカバー。フジファブリックならではのバンドサウンドで披露してくれます!初披露の新曲「夜明け前」も!(「The Covers 」ウェブサイト)

 

「純愛ラプソティ」は、竹内まりやさんの大ファンである総君のお母さんが家事をしながらよく歌っていた曲であり、聴いていると一緒に掃除機の音も聞こえるような気がする、とのこと。長い間、生活のなかにあった曲なんですね。この夏、弾き語りでも、家で一人の時などに歌っている大好きな歌を選びましたと言っていた総君。その延長なのか、「純愛ラプソティ」も、自然な感じで歌っていました。不倫の歌ですが、爽やかに(笑)。

 

小沢健二の「ぼくらが旅に出る理由」は、恋人が飛行機で旅立つのを見送る曲ですが、フジファブリックは「宇宙いっちゃうみたいなイメージのスペーシーなアレンジ」でカバーしました。このカバーは、「モテキ的音楽のススメ Covers for MTK Lovers盤」に提供しているし、シングル「徒然モノクローム」にも収録されているので、フジファブリックファンの間ではおなじみのものです。

 

最初はアカペラっぽいんですが、途中からギターがはいってくるところが、とても好きです。こういう旅立つ系のギターリフ、総君得意ですよね。後半の、馬にのって駆けていくようなBOBOさんのドラムもいいです。

 

トークをはさんで3曲目は、いよいよ「GIRLS」収録の「夜明け前」。

「The Covers」という番組のコンセプトを前にしてなんですが、今回の番組では、ダントツで、「夜明け前」がよかったです。フジファブリックは、CD音源より生演奏のほうがいいというバンドですが、「夜明け前」も、ライブで聴くのがとても楽しみになりました。Green  Birdでも思ったのですが、ダイちゃんがコーラスで入って山総とハモるところが最高です!

 f:id:ManamiSinging:20151017180153j:image

 f:id:ManamiSinging:20151017180208j:image

 

最高のユニゾンです。ライブでも、コーラス厚くやってほしいなあ。

 

また、こうやって演奏しているところを見ながら聴くと、すごく男っぽい歌なんだなあと思いました。山総氏の男っぽい部分がきれいに出ていて、魅力的です。

 

f:id:ManamiSinging:20151017180222j:image 

 てゆうかですね・・・・山内総一郎氏、最近、歌ってる時の北島マヤ度が高いですよね。普段のゆるふわの様子と打って変わった、ロックシンガーっぽさ?ギターのせいだけじゃないんですよ。

 

f:id:ManamiSinging:20151017180237j:plain

 

これは立派に、画面の前の女子の胸を打ち抜きましたね!さすがにこの年齢に至った私は、ギリギリ弾をよけましたが、20代だったら確実に被弾してました。

「ラブソング」の至上命題とは女子の心臓を打ち抜くことですので、これは、正しい方向性といえるでしょう。

 

私が注目したのはこのシーン。

 f:id:ManamiSinging:20151017180309j:image

   

f:id:ManamiSinging:20151017180315j:plain

 

f:id:ManamiSinging:20151017180325j:image 

動画でも一瞬なんですけど、髪を払うように軽く頭を振って、目を細める仕草、昔から時々あります。癖なんでしょうね。私が被弾したのはむしろこっちです。ちょっとマニアックですけど。

 

こういった素敵な番組を通じて、少しでも多くの人がフジファブリックの音楽を知ることがあれば、いちファンとしても嬉しいです。どんどん出て欲しい!

 

 「The Covers」の様子は、こちらにもレポがあります。

ro69.jp