読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

彼方の音楽

毎日の中でこころ動かされたことを、つらつらと綴っていきます。

【雑感】はじまりましツァー後半戦初日@盛岡Change Wave

昨日書ききれなかった、はじまりましツァー盛岡Change Waveの(わりとどうでもいい)雑感です。写真はお立ち台です。後ろに見えるのがダイチャンの要塞。

 f:id:ManamiSinging:20150602123206j:image

 ・演奏の仕方がみんなそれぞれ、それっぽい。加藤さんは、いつもの口の端をちょっとあげた表情で、顎と足で拍子をとりながら演奏していました。もっとぐいぐい、前出てきてくれても嬉しいのに。よくBOBOさんとアイコンタクトしてました。私も何度か目があったような気がしましたが気のせいですかね・・・・やっぱり。

 

・BOBOさんは、「ドラムセットってあんな大きさだっけ?」っていうくらい、ステージの奥の方で、アンプに挟まれてコンパクトに収まっていました。体重を5キロほど落とされたそうです。私は今回、BOBOさんのドラムに一番同期してトランスしていました。気持ち良かった。ありがとう、BOBOさん(ちなみにBOBOさんちょっと夫に似てるんですよね・・・・タイプが)。

 

・ダイチャンは、ずっと真剣な顔してた。あれが通常運転ならいんだけど、もしや偏頭痛もち?とか余計な心配をしてしまうほどの悩ましい眉間・・・・。髪がくるくるでもチャーミングなのに!

 

・山総氏は、なんか覚醒しちゃったんですかね?今までで一番こう・・・・眩しかったです。隣のYさんは眩しすぎて手元と足元ばかり見ていたと言っていました。私は顔をガン見しましたが、目はあわなかったなああああああ。ギターに陶酔して目をつぶって頭ふって弾く姿は美しかったです。

 

・山総氏の足元にエフェクターがずらり。ときどきしゃがんでつまみを調整したり、位置を足で直したりしていました。ギターを弾いてないときでも、「うぁんうぁん」ってエフェクターで余韻の音が響いてるのがよくわかって面白かった(最前列特権)。

 

・3人とも色が白い。さすがインドア派。

 

・ダイチャンは、実物はほんとに小柄で華奢で・・・・大事にしなくてはいけない人だと思いました。

 

・山総氏は、あんな首元までボタンしめてて暑くないのかな?もうVネックは着ないのかな~。

 

★おまけ

ライブ後の感想会でYさんと意見が一致した項目。ちなみに、Yさんは私にとって初めての、フジファブリックについて語れるフジ友です。年齢も一緒!

f:id:ManamiSinging:20150602122651j:image

写真は翌日散歩した北上川の遊歩道です。

 

・自分より年齢が下のメンバー3人をこんなに好きなことに多少のためらいというか、恥じらいを感じる。しかし、結局はなりふり構わず、盛岡まで来てしまった・・・・。

 

・山総氏は顔がころころ変わりすぎる。今日は目の大きさにびびった。

 

・「俺が歌う」といった山総氏を、本当に人間として尊敬する。しかし、この話をできる相手が周りにいない(リアルでは周りにフジファブリックを知っている人がいない。なぜだ)

 

・BOYって言葉、何歳まで使っていいんだろうね・・・・?

 

・「BOYS」はすごく楽しみなんだけど、山総氏は本当に「GIRLS」の歌詞は書けるのか?女子の気持ちとか、全然わからなさそうなタイプに思える。

 

・STAR聴けなかったのがちょっと残念。