読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

彼方の音楽

毎日の中でこころ動かされたことを、つらつらと綴っていきます。

JAPAN JAM 2017@千葉市蘇我スポーツ公園に行ってきました

GW中の3日間、千葉市蘇我スポーツ公園で行われているJAPAN JAM2017に行ってまいりました。

 

GWは蘇我でやる音楽フェスに行ってくるよ、と会社の同僚に話したところ、「蘇我って俺の実家の近くですが、めちゃくちゃ遠いですよー」と言われてしまいました。しかし、彼は音楽フェスを知らない。

山口きらら博記念公園(WILD BUNCH FES)とか国営ひたち海浜公園(ROCK IN JAPAN FES)とか苗場スキー場(FUJI ROCK)に比べれば、千葉市蘇我なんて至近距離といっていい。東京から京葉線快速で42分です。

そして季節は風薫る5月。

というわけで、行ってまいりました!

 

 f:id:ManamiSinging:20170506001922j:image

 

ステージは三つあり、フジファブリックは13時からSUNSET STAGEです。お天気は快晴で、じっとしていても汗ばむくらいの陽気です。

ドラムの音がずんずん響いてくるわ、と思ったら、ドラムセットはステージ奥ではなく、右前方に置いてありました。STAND!!ツアーと同じ、横一列配列です。なお、BOBOさんがヨーロッパのためか、今日のドラムは玉田豊夢さんでした。

 

じりじりと待っていると、サウンドチェックで、加藤さんが出てきました。

新しい衣装のシャツが似合っていて、いつもよりちょっとカッコよく見えます。さらに、ダイちゃんも出てきました。こちらも新しい衣装で、デニムがかなり可愛いです。シューズの辛子色とあっています。

今日は新しいステージ衣装なのね、ということは、山総も新しい衣装か・・・・と、期待と不安の入り混じった気持ちで待っていると、時間ちょうどにステージが始まりました。拍手でメンバーを迎えます。

 

久しぶりだ、嬉しい、やっと彼らの音楽がライブで聴ける!そんな感慨を吹っ飛ばしたのは、山総の新しい衣装でした。

音楽聴きにきたのにそこで躓くのはどうよ、って思われるかもしれませんが、でもやっぱり、まさか、ピンクとターコイズブルーの格子柄のハッピもどきを着てくるとは思わないじゃないですか。

 

山総の衣装はこちらの悩殺動画で確認できます。

(この動画のアップの山総の眉毛にはちょっとやられます)

 

気を取り直して、一曲目は、「夜明けのBEAT」。フェスなので攻めのセットリストです。青空の下で聴くフジファブリックはやっぱり最高です。

そして、2曲目はその勢いのまま、「SUPER!!」。さわやかな山総の声は、5月の青空によく合います。これが聴きたかった・・・・!!

 

 f:id:ManamiSinging:20170506002008j:image

 

なお、今日、ダイちゃんは赤ストラトではなく、青ストラトを弾いていました。これは、やっぱり、ヘッド裏に「魂」と書いてある、あのギターなのでしょうか?

 

さらに、「カンヌの休日」「Green Bird」と続きます。

Green Bird」はストリングス弱めというか、ちょっとアレンジが変わったような印象を受けました。そして、山総の歌がまた一段、進化しているように思えました。「Green Bird」はぼそぼそとしゃべるみたいに歌う低音のパートと、力強く歌い上げる高音のパートがありますが、低音のパートがいつもより柔らかく、安定しているように聞こえたのです。踊りながら聴き惚れていました。

 

「もう夏みたいに暑いですね。なので、夏の曲を・・・・特別な曲をやりたいと思います」

 

若者のすべて

手拍子や、手を振るのをやめて、みんな聴き入っていました。

総くんの声がどこまでも昇っていくな。

 

そして、「LIFE」で再び元気よく盛り上がり、最後は「」で〆ました。

」はフェスにぴったりの曲ですね。

 

遠く彼方へ 鳴らしてみたい

響け!世界が揺れる!

言わなくていいことを言いたい

まわる!世界が笑う!

 

(「虹」作詞作曲/志村正彦)

 

総くんが特に煽らなくても、もう自然にみんなの声が出ていて、青空の下で声を合わせて「虹」を歌ったのは最高に気持ちよかったです。

 

来てよかったです。蘇我。

 

f:id:ManamiSinging:20170506002110j:image

 

(つづく)