読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

彼方の音楽

毎日の中でこころ動かされたことを、つらつらと綴っていきます。

【MCとか編】フジファブリックLIVE TOUR 2017 「STAND!!」@札幌PENNY LANE24

フジファブリック Live

 フジファブリックLIVE TOUR 2017 「STAND!!」@札幌PENNY LANE24の、MCなどので印象に残ったことを書いておきます。

 

山総のMC

前半においては、いつにもまして、山総の中から、単語というのものに翼が生えて飛んで行ってしまったようでした。

 

でも、

  1.  札幌にずっと来たかったので、やっと来れて嬉しい。気合が入りすぎて空回りしないように気を付ける!
  2. 「STAND!!」は9枚目のアルバムになるが、聴きかえしてみても、フジファブリックの曲はイイ曲ばかり!
  3. 僕は今年は年男なので無敵

 

というのは伝わってきました。

 

彼は、札幌に来ることができて、相当嬉しいみたいでした。何か思い出やこだわりがあるのかな。最後の方では、「みんな、アンケートにライジングで見たいです、って書いておいてね。毎年来たいから!」と客席に向かってビシッと言っていましたが、アンケートなるものは、そもそも存在しませんでした。帰り際、どなたかが

「アンケート、なかったね」

「なかったねー」

「SMAに送れってことなのかな?」

「ねー」

と話していましたが、その夜、同じような会話が、いろいろな場所でなされていたことでしょう。

 

「あー、楽しいです、ありがとう。俺らばっかり楽しんでない?大丈夫?」という台詞もありました。ステージ上で、山総がよく言う台詞です。

 

「アルバムを出してから、ライブ、ずっとやりたい、やりたいって思ってて・・・・」

(銀河の前に)「この曲がずっとやりたくて」

 

年に2回ツアーをやり、銀河もわりと演奏されている曲目だと思うのですが、この飢餓感。どれだけライブが好きなの。

 

f:id:ManamiSinging:20170129235314j:image

 

ノリノリの加藤さん

札幌では、金澤先生側にいたので、今回は加藤さんのことはそれほど見れなかったんですが、たまーにステージの右方向に目をやると、いつもよりノリノリな様子でベースを弾く加藤さんがいました。

「あれ、加藤さんてあんなスタイルだっけ?」とちょっとびっくりするくらい。ステージ上で、水も飲んだとか(普段は飲まない)。一杯ひっかけているんじゃないか疑惑が出るほどでした。

「ノーと言える男」を目指している加藤さんも、今年は一歩、踏み出す感じなのでしょうか。

  

山総のダイちゃんへの対応

アンコールで、「カンヌの休日」の説明をしている時のことです。

 

山総:「山田さんって、すごくかっこよくって・・・・かっこいいんすよホント。ダイちゃんは、山田さんの印象は?」

ダイちゃん:「えっ ええっと・・・・うん、かっこよかったです。」

山総:(なんかほかにないの、という顔)

ダイちゃん:「いきなり振られても!」

山総:「ダイちゃんもかっこいいよ。衣装とか、その髪型とか」

ダイちゃん:(熱気の為か、湿気の為か、いつにもましてカーヴィーだった髪を撫でつけて)「そう?」

ダイちゃんが話を広げようとしたところで

 山総:「かっこいいといえば!」(客席を振り向く)

 

想像つきます?

つきますよね?

自分から話を振っておいて、いきなりUターンして、バッサリいくパターンですよ。

本人は無自覚なんでしょうけど、BOBOさんも「またか・・・・」っていう顔してましたからね。ダイちゃんは諦めの境地。というか寛容?私は寛容とはこういうことだと思いました。

でも、そのあと微妙な空気になったときに、山総が「なんかヘンな雰囲気になりましたけど・・・・」と言ったときに、加藤さんは「それはあなたのせいですから!」とつっこんでいました。

 

ちなみに、山総が「かっこいいといえば!」と言った後の話しはなんだったか忘れてしまいました。それくらい、たぶんどうでもいい話だった。

 

MCほかの感想は以上です。