彼方の音楽

毎日の中でこころ動かされたことを、つらつらと綴っていきます。

ラブシャの山総がかっこよかったのですべてを許した日

ここのところ忙しくて、ゆっくりと音楽を聴いたりブログを書いたりする時間が全くありませんでした。明日の祝日は久しぶりに一息つけるかな~という11月2日、フジファブリックがニューアルバム「STAND!!」をリリースするというニュースが飛び込んできました。

www.musicman-net.com

発売日は、12月14日。アルバムとしては「LIFE」から数えると2年3か月ぶりとのことですが、その間にミニアルバム「BOYS」と「GIRLS」が出ていますので、久しぶりという感じは全然しません。むしろ、そんなに曲を書き続けて大丈夫なのか、と心配になるペースです。まさにRolling Stones。

 

仕様は初回限定盤2種類と、通常盤1種類の計3形態。初回限定盤Aにはミュージックビデオ5作品と楽器メーカー・フェンダーの工場をメンバー全員で見学した際のドキュメンタリー映像を収めたDVDが、初回限定盤Bには全国ツアー「フジファブリック LIVE TOUR 2016 "三日月ADVENTURE"」の東京・EX THEATER ROPPONGI公演のライブ映像を収録したDVDが付属する。

フジファブリック、メンバー共作曲含む2年3カ月ぶりアルバム「STAND!!」 - 音楽ナタリー

 

初回限定盤が二種類ですと・・・・・?

 

限定盤Aに5作品分のMusic Videoがつくとすると、「FAB CLIP 4」は出ないってことなのかな??あのメイキングと副音声、大好きなのに。フェンダー工場の見学はまあ面白そうだけど、今までの経験だとこういうのは1回見れば十分なんだよね。MVも、今のところ納得いってるのは、「夢見るルーザー」だけだしね。だとすると、買うなら限定盤Bだよね。ライブ映像は「1時間以上」ってことらしいけど、だとしたら「2時間未満」なわけね。何がカットされてるんだろう。もういっそフルで出してくれればいいのに。ていうか、ましツァーも出してくれればいいのに!ああ、A版、B版商法なんて・・・・握手券ほどひどくはないとしても、それなら岡村靖之みたいに、シンプルに通常版と、豪華デラックス版のほうがなんだかかっこいいよね。どっちか一方買ってくれればいいから、っていうスタンスがはっきりするじゃない。A版B版は、両方買えよってプレッシャーがなんか嫌なんだよなあ・・・・。プレッシャーかけたり、オマケで釣ったりするの、なんかかっこ悪いっていうか。かっこつけて何ぼでしょアーティストは。いやメンバーが悪いわけじゃないんだけど。ソニーミュージックの戦略なんだろうけども。こういう売り方って中長期的なブランド戦略としてはどうなのかしら。販売順位を上げると露出度が増えるのかしら。より多くの人がフジファブリックの魅力に気づいてくれることになるなら協力するのにやぶさかではないけれども・・・・でも・・・・・。

 

と、走馬灯のように私の頭の中はいろいろな思いであふれてしまいました。

 

そして今日。

録画していた、「SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2016 2 DAYS」を観ました。そしたら・・・・久しぶりに見るステージ上の山内総一郎氏は、想像以上にかっこよかったです。

(以下、引用している画像はすべて、SPACE SHOWE TVで放送されたものです。)

 

f:id:ManamiSinging:20161103161104j:image

 

こんなに華のあるフロントマンになったなんて・・・・しみじみ。

 

放送されたのは、「Sugar!!」の一曲目と、「Green Bird」と「夜明けのBEAT」。「Green Bird」は、山総の歌い方を本格的に広げた歌なだけあって、彼のパワー溢れる歌いっぷりを堪能できます。難しい歌なのでコンディションによって左右されがちですが、ラブシャでは、すごく良かったんじゃないでしょうか。スケール感もあるし、今のフジファブリックの代表曲のひとつといっていいでしょう。

 

f:id:ManamiSinging:20161103161053j:image

f:id:ManamiSinging:20161103161042j:image

 

このあたりの表情、反則だと思いません?

おまわりさん切符切っちゃいますよ!

 

こんなに切ない表情をすることができるなんて・・・・・

マヤ、恐ろしい子

 

「夜明けのBEAT」では、間奏部分で、ノリノリのギタープレイを披露。ギター弾いてるときは、いつも本当に楽しそう。

 f:id:ManamiSinging:20161103161015j:image

 

f:id:ManamiSinging:20161103161021j:image

 

バンドのフロントマンは、女どもも男どももキャーキャー言わせるセックスアピールがないといけないと思うんですが、今の山総にはそれがある!

 

なお、バックステージトークでは、いつものほよーんとしたお兄ちゃんに戻っていました。ステージの上ではあれだけ二枚目なのに・・・・。

 f:id:ManamiSinging:20161103161008j:image

 (タオルが手ぬぐいみたいで、町内会の催し物的な雰囲気の画像) 

 

録画をみて、ハートがまさにLOVEのSHOWERを浴びていっぱいになり、A版B版のもやもやがどこかにいってしまいました。単純ですません。

きっとソニーミュージックの策略には逆らえないでお買い物してしまうことでしょう。ああ・・・・・。