彼方の音楽

毎日の中でこころ動かされたことを、つらつらと綴っていきます。

安野モヨコ展 STRIP!に行ってきました

働きマン「さくらん」などで有名な漫画家安野モヨコの原画展「STRIP!」@池袋パルコに行ってきました。

原画展は、写真撮影が可能だったので、沢山写真を撮ってきました。

安野モヨコは、とにかく絵が上手い。

漫画家として一流なのに、イラスト(漫画の絵ではない、イラスト)としても成立する絵を描けるのは、この人と江口寿史くらいではないだろうか。

 

WORKS

 

その安野モヨコの原画がみれるというので池袋パルコに行ってきました。

 

f:id:ManamiSinging:20160919182137j:plain

 

入口の絵は、「鼻下長紳士回顧録」のコレットですね。

 

鼻下長紳士回顧録 上巻 (コルク)

 

モヨコ先生は今、ちょっと昔の時代の風俗にはまっているようです。

 

f:id:ManamiSinging:20160919182011j:image

 

アールヌーヴォー風といったらいいのでしょうか。

綺麗なエロス。女性が好むエロティシズムですね。

  

f:id:ManamiSinging:20160919182207j:image

 

f:id:ManamiSinging:20160919182233j:image

 

和風の懐古趣味のものもあります。

大正ロマン風?

 

f:id:ManamiSinging:20160919182044j:plain

f:id:ManamiSinging:20160919182035j:plain

 

働きマン」の原画もありました。

途中で終わってしまいましたが、これはほんとに面白かったですね。

主人公の松方には、安野モヨコ自身もかなり投影されていたのではないでしょうか。

 

働きマン(1) (モーニングコミックス)

 f:id:ManamiSinging:20160919182127j:image

 

 

監督クンを発見しました。

安野モヨコの夫は、「エヴァンゲリオン」でも有名な庵野秀明氏です。)

 

f:id:ManamiSinging:20160919182119j:plain

 

 

原稿がホワイトで修正されているのが確認できるのも原画展の醍醐味。

イケメンがよりイケメンに修正されたのでしょうか。

 

f:id:ManamiSinging:20160919182054j:plain

 

「さくらん」のコーナーもありました。

なんと、画集「STRIP!」には、単行本未収録の「さくくらん」の第二章(3話分)が掲載されています。

 

f:id:ManamiSinging:20160919182103j:plain

 

私は、江戸吉原を描いた物語が好きで、例えば近年のものでは、松井今朝子の「吉原手引草」や「吉原十二月」などを夢中になって読みました。

 

吉原手引草 (幻冬舎文庫)

吉原手引草 (幻冬舎文庫)

 

 

吉原十二月 (幻冬舎時代小説文庫)

吉原十二月 (幻冬舎時代小説文庫)

 

 

映画だとやはり「吉原炎上」でしょうか。

さすが五社英雄。そして名取裕子

 

吉原炎上

吉原炎上

 

 

「さくらん」も、これらの作品に負けず劣らず、素晴らしい漫画です。吉原の風俗を現代の絵柄にこんな風に華麗に移し替えることは、安野モヨコにしかできなかったと思います。まさに現代の浮世絵師。

そして、コマの運び方といい、ストーリーといい、「さくらん」こそ、安野モヨコの漫画の今のところの最高傑作だと思っています。

  

さくらん (イブニングコミックス)

さくらん (イブニングコミックス)

 

 

本物の版画も売られていました。

これ、本当にキレイでした。

 

f:id:ManamiSinging:20160919182015j:image

 

 

オチビサン」もあって可愛かった。

 

f:id:ManamiSinging:20160919182021j:image

 

 

モヨコ先生が創作活動を続けてくれているだけで嬉しいです、私は。

私にとって、今後も活躍が無条件に楽しみな作家のひとりです。