彼方の音楽

毎日の中でこころ動かされたことを、つらつらと綴っていきます。

ポラリスのMVを観たら予想以上に武富士だった件

5月11日発売予定のフジファブリックのニューシングル「ポラリス」のMVが、スペシャルサイトで公開されました。

 フジファブリック NEW SINGLE「ポラリス」SPECIAL SITE

natalie.mu

 

FAB CHANNELでは、2日限定でフルバージョンが公表されています。

この、モノクロームの演奏シーンと、ホットパンツで踊るお姉さんたちのダンスシーンで構成されるMVが、予想以上に

 

武富士

 

でした。

 


武富士ダンス 2002 高画質版

 

今のようにサラ金都市銀行の傘下でなかった時代、消費者金融のCMは、深夜に限られていました。夜に踊るレオタードのお姉さんたちのダンスは、美しいのですが、サラ金のイメージとも相まって、やはり少しあやしげな印象を残したものです。

 

ポラリス」では、星空を模したパネルの前で淡々と演奏するメンバーが「静」を担当する一方で、疾走感あふれるメロディーを、どこかのスタジオで激しく踊る女性(赤いノースリーブにシルバーのホットパンツ!)たちが担っているようです。曲のテンポに合わせてダンスシーンが差し込まれるのですが、微妙に寸止めされる感もあります。

 

f:id:ManamiSinging:20160410044243j:plain

 

そうですね、このMVから感じるのは「違和感」。

 

爽やかな歌詞とメロディー、それに対抗するような違和感に溢れた画像。

途中、ダンサーの女性たちが水をゴクゴク飲んで、それが肌を流れ落ちるシーンなど、本当に曲との関連性が意味不明・・・・。

 

あえて狙った効果なんでしょうが、どうしても武富士のCMとイメージが被ってしまうので、「静」と「動」というより、「素朴」と「エロ」のコントラストをより強く感じてしまうのは私だけでしょうか。

 

む、む、む。

 

こちらは、ポラリスつながりで音速ラインの「ポラリスの涙」。

 


音速ライン - ポラリスの涙