読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

彼方の音楽

毎日の中でこころ動かされたことを、つらつらと綴っていきます。

「記念写真」忘れられたらまた会えるから

フジファブリックのアルバム「TEENAGER」に収められた一曲。作詞志村正彦、作曲山内総一郎。

 

記念写真

記念写真

 

 

 

「ちっちゃな野球少年」と、彼が気になる、赤いマフラーの「君」の物語。

淡い想いを伝えられないまま、卒業式の日に記念写真を撮って別れた二人。

時がたち、甘酸っぱい日々が遠い思い出になった現在、今電話したら何が起きるだろう?と少年は思う。

そんな歌詞です。

 

f:id:ManamiSinging:20160325024244j:plain

 

もはや少女でも、もちろん少年でもない私ですが、この歌詞が最近身につまされます。

 

記念の写真 撮って 僕らは さよなら

忘れられたなら その時はまた会える

季節が巡って 君の声も忘れるよ

電話の一つもしたのなら 何が起きる?

 

「忘れる」ということがキーワードになっています。

「忘れる」って素晴らしい。

「忘れる」機能がなかったら、大変に困ったことになったでしょう。「忘れる」からこそ、また再会できる人がいます。

嫌な思い出やわだかまり、どうしても許せない出来事、そういったものも、時が洗い流してくれれば、もう一度笑顔で会える日も来るでしょう。

ならば、せめて写真の一枚でも撮って別れようではありませんか。

 

f:id:ManamiSinging:20160325025509j:plain

 

 

唐の時代の詩「看酒」に、井伏鱒二が名訳をつけています。

 

きみすすむ 金屈卮きんくつし
満酌まんしゃく するをもちいず

はなひらけば 風雨ふううおお
人生じんせい 別離べつり

 

コノサカズキヲ受ケテクレ

ドウゾナミナミツガシテオクレ

ハナニアラシノタトヘモアルサ

サヨナラダケガ人生ダ

 

「人生別離足る」は、直訳すれば、生きていれば別れは多くあるものだ、となりますが、これを「サヨナラダケガ人生ダ」と訳してしまうところが、すごいです。「多くある」というレベルじゃない。もうサヨナラだけ。それだけ。

 

きっとこの写真を 撮って 僕らは さよなら

忘れられたなら その時はまた会える

手紙に添えられた 写真見たりするんだろうな

染められた君を見たのなら 何を想う?

 

再会するために一度忘れましょう。

そしてその代わりに写真を撮っておきましょう。

失われることが予定された思い出の代わりに

この瞬間の笑顔だけ切りとって仕舞っておきましょう。

 

そうしたらきっとまた

いずれまた