読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

彼方の音楽

毎日の中でこころ動かされたことを、つらつらと綴っていきます。

フジファブリック聴き比べ

フジファブリック 雑談 山内総一郎

醒めない夢ならまだ

醒めても夢ならまだ

醒めてる夢は 

(フジファブリック「Light Flight」)

 

Light Flight(初回生産限定盤)(DVD付)

 

manamisinging.hatenablog.com

 

皆様いかがお過ごしですか。NHKホールライブの後、未だふとした瞬間に夢の中をさまよってしまうManamiです。

2015年を駆け抜けたフジファブリックのメンバーには十分休息して欲しい、という気持ちと、でもこの先私は何を楽しみに生きていけばいいの、早く私に次の楽しみを与えて下さい、という気持ちの葛藤の狭間で日々揺れ動いております。

 

最近は、フジファブリックの曲について、CD音源とライブ音源を交互にかけるプレイリストを作り、聴き比べをするなどして遊んでいます。プレイリストの内容は、今のところこんな感じです。

 

  • STAR (アルバム「STAR」収録)
  • STAR(「Live at 武道館」収録)
  • フラッシュダンス(アルバム「LIFE」収録)
  • フラッシュダンス(「2013 FAB STEP Zepp Tour」収録)
  • Drop(アルバム「STAR」収録)
  • Drop(「2013 FAB STEP Zepp Tour」収録
  • 徒然モノクローム(シングル)
  • 徒然モノクローム(Live at 武道館」収録
  • ブルー(アルバム「LIFE」収録)
  • ブルー(Live at 武道館」収録

 

このプレイリストで「STAR」や「徒然モノクローム」を聴くと、山内総一郎氏の声の変わり様がはっきりとわかります。アルバム「STAR」の頃は、喉からでていた声が、「Live at 武道館」では、腹の底から出ているという感じでしょうか。

山内総一郎氏は、喉にいい筋トレをいろいろ試していたようですし、一人で地方にパブリシティ等に行った際にはさみしくてランニングや腕立て伏せをしているようですし、家でも暇さえあればストレッチャーとバランスディスクに乗っているようですし、毎朝声だししているようですし、ライブ前にはラジオ体操もしているようですし、歌い方についてはフィジカルなアプローチもかなり行ったことが伺えます。その成果は確実に表れていますね。

 

私は、今の声のほうが、やはり好きです。

山内総一郎氏が勝ち取った声、という感じがします。

 

また、聴きかえしていて、アルバム「LIFE」に収録されている「ブルー」はやっぱりいいなあ、と思いました。この、救われきってない感じがいいです。最近の「ブルー」はひたすら透明感があっていいのですが、アルバム「LIFE」の頃は、悶々とした感じが漂っています。

 

・・・・好みの男性が救われきっていない様子って、ゾクゾクくるじゃないですか。きませんか?

 

もちろん、正気に返れば、好きな人には幸せでいて欲しいです。もちろん、山内総一郎氏にも幸せでいて欲しい。二度とあのような、目の下の隈は見たくないです。

でもそれと同時に、作品としては、妄想としては、願望としては、物語としては、救われない様子見てみたい。精神的に血を流している様子を見てみたいというか。

 

ぜひお願いします。

(誰に言っているのか)