読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

彼方の音楽

毎日の中でこころ動かされたことを、つらつらと綴っていきます。

ゴトウユキコ「水色の部屋」 歪んだ愛の行く末は

コミック

久しぶりに、心にずしりと残る漫画に巡り合いました。

ゴトウユキコ「水色の部屋」。

 

水色の部屋<上>

水色の部屋<下>

 

歪んだ愛が描きたかった。

暗い映画を観てるような漫画が描きたかった。

 

「水色の部屋」は自分にとって挑戦的なまんがになりました。

(ゴトウユキコ「水色の部屋」あとがき)

 

作者であるゴトウユキコの試みは成功しているといえるでしょう。主人公の幼馴染のスカートから伸びるももの太さも、主人公の友人の空洞のような悪意も、「平成」の時代のソレのはずなのに、どうしようもなく「昭和」の匂いがします。また、物語の風景やコマ運びは、アナログな映像を見ているようです。

 

コメディータッチの前二作とは大きく異なる今作のストーリーは、ショッキングな内容です。

 

「母さんがレイプされた」。高校生の柄本正文は、母親のサホに対して屈折した愛情を抱いていた。やがてその想いはひとつの事件を引き起こしてしまう…。ゴトウユキコが圧倒的な深度で描く、思春期の断絶。

 

読む人を選ぶ作品であることは間違いないでしょう。ただ、途中、目を背けたくなるような展開はあるものの、ラストはまさに、うすぼんやりした「水色の部屋」のような、ほのかな明るさと穏やかさを感じさせます。いい終わり方だと思いました。

 

特設サイトでは、作者の対談も読めます。

 

www.ohtabooks.com

 

Q.漫画家になっていなかったら?
A.死んでた(ゴトウ)

 

端的でいいですね。

漫画の題字はアラーキーで、帯は山本直樹がかいています。この二人にピンとくる人なら買って損はない作品です。