読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

彼方の音楽

毎日の中でこころ動かされたことを、つらつらと綴っていきます。

【感動】フジファブリックHALL TOUR 2015 Hello!! BOYS & GIRLS@金沢市文化ホール加藤さん凱旋公演【関心】

フジファブリック Live

本日午後4時30分頃、石川県金沢市高岡町の金沢市文化ホールに、「幸せ爆発空間」が出現しました。現場には、900名ほどの人がおり、全員がその「幸せ爆発空間」を目撃し、また参加しました。

 f:id:ManamiSinging:20151116022502j:image

 

HALL TOUR 2015 Hello!! BOYS & GIRLS金沢公演は、例えて言えばそんなライブでした。「こんなにあったかいライブ、そうはないですよ~」と山内総一郎氏も言っていましたが、ベースの加藤慎一氏の地元凱旋公演ということもあり、ホールなのにライブハウス並みの熱気に包まれた、大盛り上がりの素晴らしいライブでした。

 

短くまとめると

  1. セトリは、名古屋公演からは「Sing」がプラスされ、アンコールが「赤黄色の金木犀」ではなく「銀河」だった。
  2. 加藤さんが終始テンションが高く、幸せそうだった。
  3. 「石川さん」が烈しいダンスで客席を煽った。

 

ということが特徴でしょうか。

 

セットリストに沿って振り返る

虹からずっと、テンション高くひたすらに進んでいき、全曲もうめちゃくちゃに踊りまくったので(明日の筋肉痛が怖いです)、個別の曲に関する感想がないくらいですが、簡単に述べてみます。

 

Green Bird: 歌声に関しては、ところどころ、ちょっとアレ?って思うところがあって、やっぱりこの曲は歌いこなすのは難しい歌なんだなと思いました。名曲なので、引き続き歌いこんで育てていって欲しいです。

虹: 完璧な歌いっぷりで、今日は、この曲から火がついたように思います。「キーボード、金澤ダイスケ!」「ベース、加藤慎一!」からの「ギター、俺!」もありました。ソロでの「虹」を経て、歌声の安定感、疾走感に磨きがかかった気がします。

Small World:個人的な心境もあって、心に沁みました。

夢みるルーザー:首振りすぎて痛いです。

シャリ―:イントロが相変わらずプログレっぽくて面白いです。

マボロシの街:山総は気持ちよさそうに歌ってました。フィジカルに歌えるんでしょうね。「いい曲だな~」と言ってました。

キノウ:いつもよりしっかり、ベースに耳を傾けてしまいました。「実際そんなに気にしてはいないけどねっ」ていう、語尾の切り上げっぷりが、微妙に女子っぽくなってきている気がします。

robologue:相変わらず山総が手を振るので、その時は目を閉じて踊ることにしました(妥協)。アウトロは進化していて、素晴らしかったです。もっともっと、長くしていいのよ。

若者のすべて:歌いこなれてきてます。

ECHO:ギターも歌も素晴らしい。

Sing:バンドでこの曲を演るのは初だそうです。

ALONE ALONE ALONE:ラップがやっぱりちょっと難所かと。

徒然モノクローム:抜群の安定感。ライブで完全に化け、育った曲ですね。

バタアシParty Night:電飾ショルキー復活で盛り上がる!そして山ザイル!

Girl! Girl! Girl!:完全にフルハンドマイクで定着しそうです。山総は、投げキッスは成功しましたが、最後マイクを放り投げたのを落としてしまい、床に突っ伏していました。

夜明けのBEAT:ノリノリ。もうノリノリ。

Magic:あまりにも幸せで、いつまでも手を振っていたくなるほど。

星降る夜になったら大事な曲を忘れていました。キーホルダーのところでくるくるまわします。

夜明け前:素晴らしい・・・・。

Baby:ぐっとくる・・・・。

銀河:後述。

LIFE:最高のエンディング。

 

MCでの加藤さんのテンション

 

地元というだけあって、加藤さんのテンションが終始高く、それがメンバーにも客席にも伝わり、熱狂を呼んでいました。だって、あの加藤さんが跳ねてるんですよ!

トークも冴えていました。その様子をお伝えいたしたく、Yさん、Nさんの力を借りて、MCを思い出して書き起してみました。一部うろ覚えで再構成していますが、だいたいこんな流れでした。

 

山総:「金沢公演といえば、1日だけ志村君が金髪にしてきたときがあって。志村くんは、普段はおとなしい人だっ・・・人なんですけど、いきなり金髪にしてきて、ドヤァって。『ドヤァやないやろ』って思ったんですけど、そしたら加藤さんが、対抗してひげをブリーチしました」

加藤「ひげとまゆ毛をやってやったぜ!」

山総:「あの時、楽屋すごい匂いやったな~」

金澤:「僕は金髪にするのは嫌だったので、パシャパシャ写真を撮ってました」

山総:「A液とB液をまぜて、とかやってたよね。懐かしい匂いやな、これ、と思った」

金澤:「ないよ」

山総:「えー。昔、学生の頃、夏休みになったら、ちょっとブリーチしてみたいな、とかあったやん」

金澤:「ああ(笑)」

山総:「ダイちゃんは、そのくせ毛は」

金澤:「天然です。養殖じゃありません」

山総:「金髪、似合いそうやん。外国人の子供みたいになるよ」

金澤:「子供は無理でしょ。外国人のお兄さんとかおじさんとかでしょ、せいぜい」

山総:「いや、いま、くせ毛の話してるんですよ。フェイスの話じゃないですよ」

金澤:(少し憮然とした顔)「でも、やっと最近ね、褒められるようになったんですよ」

加藤「それ、長くなりそうですか」

(客席:笑)

金澤:「もういいよ」

山総:「怖気づいた(笑)。みなさんお座り下さい」

金澤:「子供のころは、からかわれるばっかりだったんだけど、最近、褒められるようになったんですよ」

山総:「何が?」

金澤:「だから今くせ毛の話してるんでしょ!!!(気を取り直し)中学生のころは馬鹿にされたよ。野村義男って言われてた」

加藤「30過ぎればくせ毛も個性ってことで」

(客席から感心する声)

山総:「遅刻も個性っていうのも・・・」

加藤:「それは置いとこう」

山総:「あっ 座ると言えば・・・・やっぱいいです」

(客席:「えー」)

金澤:「気になるから言いいなよ」

山総:「小学生とか半ズボンとか体操着で座ったりすると、はみでる時あるやん」

金澤:「ないよ!!!」

加藤:(え!という顔)

山総:「ボールのほうやで」

金澤:「ねえよ!」

山総:「俺、『お前、はみでてんで』とかよく言われる奴でした。それだけです」

金澤:「なんで今その話なんだよ!」

山総:「座ってくださいって言って、体育館とか思い出して、そういえばそやったなあって思い出しました。・・・・・いつもと違う雰囲気だからこんなこと言っちゃったのかなあ?」

 

(客席も含めて気まずい雰囲気。修正し難い雰囲気)

 

山総:(気を取りなおすように)「ベース加藤慎一!」

加藤:「ボールの話した後に、紹介されてもノリづらい(笑)」

金澤:「空気変える必要があるね。慎ちゃん、いつものいっとく?」

山総:「???」(←たぶんわかってない)

加藤:「今日はいろいろ来ますね(笑)」

金澤:「でも空気変えないと」

山総:「え、ナニ」(←やっぱりわかってない)

加藤:「加トーク!」

(山総、ああ、という顔)

加藤:「皆さん、お題を言ってください。大きな声であれば聞こえると思うから」

(客席からいろいろな声)

加藤:「今、〇タマって言ったやつ誰だ。空気変えようとしてるのに(笑)」

金澤:「新幹線、ていう声が聞こえたから、じゃあ北陸新幹線で」

加藤:「しばらく考えるのでフリートークをお願いします」

山総:「そんな、フリートークって、隣の人がよく知らない人だったら、トークもしづらいやろ」

加藤:「できました」

山総・金澤:「はやっ!」

加藤:「北陸新幹線とかけまして」

金澤:「北陸新幹線とかけまして!」

加藤:「皆さんの未来と解きます。その心は、どちらも『かがやき』がやってまいります」

(客席からおおーという感心の声と盛大な拍手)

 

どうでしょうか?

加藤さんは、ライブでほとんどしゃべらない時もあるくらいですが、今日はほんとに沢山しゃべったし、しかも切れ味鋭いトークでした!

おそるべし、地元力。

 

石川さん

本日のスペシャルゲストについても、項を割かねばなりません。

 

加藤:「今朝まで、地元の友達と飲み明かしてたんですよ」

山総:「ライブの日に朝まで飲むんや!!」

金澤:「酒豪だね」

加藤:「今、その友達、来てるんで、呼んでいいですか」

金澤:「誰?有名な人?」

山総:「地元の人やろ?」

 

からのー。

石川さん登場!

 

山総:「せっかくだから、石川さんとコラボしたいと思います。石川さんは踊れるの?」

頷く石川さん。

 

からのー。

「銀河」にあわせた、首がもげんばかりの烈しいダンス!

 

もう大盛り上がりで、石川さんに合わせてリスナーがみな踊り狂いました。

 

「石川さん、盛り上がったね」

「石川さんが果たした役割は大きかった」

「今まで、全然可愛いと思ったことなかったのに。おじさんだし」

「でも実物を見るとなんか可愛い!あの動きが!」

「手がこう、短い棒みたいで、関節がない感じで」

「女子供はぬいぐるみ好きだろ、みたいなのに反論できないかも。見てると愛着がね・・・。」

「山総も撫でてたね」

「ミステリーツアーの時に、石川さんのヨチヨチ歩きを見てたから、余計にライブでの激しいダンスに盛り上がったよね」

「ミステリーツアー見てなかったら、ちょっとうざかったかも」

「それくらいの激しい踊り」

「首もげそうなくらい、振ってた」

「銀河なのに、山総を全然見ないで、石川さんばっかり見ちゃった」

「ダイちゃんがすっごい石川さん意識してた」

「あんなデカいのに傍で激しく踊られたら意識せざるを得ない」

 

と、帰路、石川さんで話題が尽きませんでした。

 

しかも!石川さん、ちゃんとイメトレしてくれていたようです。

 

 

 

以上取り急ぎ、速報でした。