読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

彼方の音楽

毎日の中でこころ動かされたことを、つらつらと綴っていきます。

Gachi@高野山 その他の人々

2015年9月26日に高野山で開催されたGachi高野山開創1200年記念スペシャルの感想の続きです。前回のエントリーはこちらです。

 

今回のイベントは、総君のソロ演奏の持ち時間は短かったですが、そのパフォーマンスが素晴らしかったことに加え、他のアーティストのアクトも大変印象深いものであったため、全体として大変満足度の高い、「遠かったけど行ってよかった!」というものでした。以下、簡単ですが他のアーティストの感想です。

 

つじあやの

彼女のステージを観るのは、実はこれが初めてだったんですが、小柄な身体からはちょっと予想外の、強くてまっすぐな歌声に圧倒されました。「つじあやの」という名前と、ウクレレと、彼女のルックスがマッチして、独特の世界をつくっていると感じました。

 

根本要

いきなり、ギターを弾きながら語り始めたその内容は「音楽性は高く、腰は低く♪」「拍手の心で、CDを買ってください~♪」みたいな感じで(若干うろ覚え)、まさに、ロック界の綾小路きみまろ

歌も上手なんですが、トーク(というか弾き語り漫談)も上手なんですね、根本さんは。「木蓮の涙」、久しぶりに聴けて嬉しかったです。

 

吉井和哉

浜崎さんに「声だけで女を妊娠させる男」と紹介されていましたが、否定しきれない色気を発していました。

曲紹介をしてくれたのですが、「CALL ME」については、「イエローモンキーをやめて、一度隠遁してもう引退しようと思って、でもやっぱりまたソロデビューした頃、『もっと必要とされたい。もっと声かけて欲しい』という気落ちが溢れて作った曲です」

 

オレでよけりゃ必要としてくれ

CALL ME CALL ME

電話一本でいつでも呼んでくれ

後悔ないようにしとくぜ

 

「感情はこもっています」って、そう思うとかわいい歌ですねコレ!

隣の席の、吉井さんファンらしき女子が、「そういう歌だったんだ・・・・」と涙ながらにつぶやいていたのが印象的でした。とんでもなくかっこいいくせに弱みも見せちゃうあたりが、吉井さんが女子を惹きつける秘密なのかもしれません。

また、ソロデビュー曲の「TALI」も披露していました。

 

着飾ったり 固まったり 底ついたり 行き当たりばったり

八つ当たり 皿割ったり 泣き出したり

 

いつもふたりで

 

あの海に行こうね 山にも登ろうね

映画も見ようね

育子 BABY I LOVE

 

・・・・育子さんって誰ですか?ファンの方にとっては周知の事実なんでしょうか。「結婚しようよ BABY 一寸先は闇で 木っ端微塵になってもおびえることなど何もない 永遠ってむなしいもんさ 愛してるのは君だけさ 育子」なんてストレートな台詞もでてきます。新たな妻を迎えたタイミングでこの歌を堂々と歌い上げる吉井さんはすごいですね。いや、歌は歌だからいんですけども。

 

スガシカオ

今回、総君は特別枠なので別にすれば、最も印象に残ったステージでした。ソロでは「黄金の月」と「Progress」を歌ったんですが、「Progress」が特に良かったです。「神聖なものを祭っている場所では、空気がこう、動かないので、ただ歌うだけだとはね返ってきてしまうんですが、こう真っ直ぐに歌うと、すっと届くんです」というようなこと(うろ覚えです)と言っていて、実際、「Progress」は「届いた」という感じがしました。

 

世界中にあふれているため息と

君と僕の甘酸っぱい挫折に捧ぐ・・・・

”あと一歩だけ 前に 進もう”

 

オフィスオーガスタから独立し、一度すべてを捨ててインディーズに行くなど、試行錯誤してるスガシカオが歌うと説得力があります。あの時、あの場所でしか聴けない歌声を聴かせて頂きました。感謝です。

 

 浜崎賢司

若かりし頃のFlying Kids全盛期のときは、変態チックでありながら都会的なお兄さん、という印象だったのですが、いつの間にこんな、泥臭くて頼りがいのあるおじさんになっていたのでしょうか。スガシカオが、「独立してインディーズにいって、プロモーションなど本当に自分ひとりで一からやらなくては行けなくなり、どうしていいかわからなくて困っていたんですけど、そんなときに浜崎さんに出会って、本当に助けて頂きました。いろんな人を紹介してもらって、2年かけてやっとアーティスト活動がまともにできるようになりました。」と語っていて、浜崎さんの人柄がしのばれるなあと思いました。ご本人も、「こんなシャブ中みたいな顔してますけど、実は結構、いいやつなんです」とおっしゃっていました(笑)。こんな場所で、こんなステージが実現すること自体、浜崎さんの人徳ゆえなのでしょうね。

 

歌も、とにかく太い。芯が太いというか、声が太いというか、しっかり大地に根をはったギターと声で、ステージに響き渡っていました。最後に歌った「BEAUTIFULL!!」はお亡くなりになったお兄様に捧げた歌とのことですが、無事に奉納できたのではないでしょうか。

 

以上、駆け足ですが、感想です。

しかも、フリーライブなんですよね、これ。交通費や宿泊代を考えると結構な出費なのですが、それらはJR東海やアパホテルグループに貢いでるのであって、今回のアーティストには還元されてないのかもしれないのですよね・・・・・。グッズの手ぬぐいも売り切れていたし。フジファブリックのCDは少なくともしっかり買いますが、なんとか、どこかで、何らかの形で、皆様に感謝の気持ちを伝えたいと思う次第です。

 

 f:id:ManamiSinging:20150930030819j:image