読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

彼方の音楽

毎日の中でこころ動かされたことを、つらつらと綴っていきます。

自分を愛する人たちとの会話

フジファブリック 雑談

前回のエントリー「BGMで密かな愉しみ」にも記載したイベントの打ち上げがあったのですが、そこで、私のフジファブリック好きが俎上にあがりました。

 

f:id:ManamiSinging:20150829112421j:plain

 

同期A「Manamiはライブで全国まわってるのよね。すごいエネルギーよね」

「ライブ楽しいよ」

先輩B「同じ曲目やるんでしょ。1回行けば十分じゃないの?」

「ツアーの最中に、曲がこなれて育っていくこともあるし。あと、やっぱりライブだと音の波動を感じますし、その瞬間が気持ち良くて何度も行っちゃうんです。Aも徳井さんのライブ行けばいいじゃん」(注:同期Aはチュートリアルの徳井さんが好きです)

同期A「興味ないかな。ライブ行っても、徳井さんとは付き合えないもん」

「い、いや、つきあえなくても、ライブ楽しいと思うよ」

同期A「つきあえる可能性がないのに、そこまでする意味がわからないな~」

「いやそもそも、つきあいたいとか思ってないし」

同期A「ほんとに?ほんとに思ってないの?」

「思ってないよ。歌ってるところ、ギター弾いてるところが好きなわけだし。こう、ステージの上でキラキラしていて欲しいというか」

同期A「相手が女でも同じように思える?そのナントカって人のこと、異性としては全く、ぜんっぜん意識していないの?」

「ま、まあ、メンバーは男だし、男であること前提で好きなわけだけどでも」

同期A「私は徳井さんのこと好きだし、つきあえるし、結婚できるよ、はっきりいって」

「素の徳井さんのこと知らないのにそれはおかしい!」

同期A「わかるのよ。徳井さんがどういう性格か、だいたいわかってるの。お笑いのひとは結構わかりやすいのよ」

後輩C「みんながみんなA先輩みたいな感じじゃないっすよ!俺も大好きなアーティストいるけど男です」

後輩D「長淵剛のコンサートなんてほとんど男しかいません!」

「そうだよ。例えばさ、私、ひとつ願いがかなうなら、目の前で弾き語りして欲しいな~」

後輩C「おお、いいっすねー」

後輩D「贅沢っすねー」

同期A「ひとつ願いがかなうなら、一緒に温泉旅行でしょ」

私・後輩C「それは違う!」

同期A「え~。私の感覚の方が普通だと思うけど」

先輩B「コホンコホン。あのねえ、Aってさあ、自分が一番好きでしょ」

同期A「そのとおりです!なんでわかるんですか!」

先輩B「僕もそうだからだよ」

同期A「どうりで話しやすいと思った~」

先輩B「自分が大好きだからね、自分にとっての性愛の対象でないと好きにならないんだよ。自分を好きになってくれる人、くれそうな人にしか興味がないの」

私・同期A「なるほど!」

先輩B「ManamiとAは、そこが違うからどこまでいっても平行線です」

 

最後、B先輩のおかげでスッキリと平行線の謎が解けました。ちなみに私とA*1は、いずれも既婚です。はは・・・・。

 

 

*1:可愛くて仕事もできる。あと面白い。