読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

彼方の音楽

毎日の中でこころ動かされたことを、つらつらと綴っていきます。

「Time」 変わりゆく時の流れ

2013年に公表されたアルバム「VOYAGER」に収録された「Time」は不思議な曲だ。作詞は金澤ダイスケ・加藤慎一、作曲は金澤ダイスケ。

 

Time

Time

  • アーティスト: フジファブリック
  • 出版社/メーカー: Sony Music Associated Records Inc.
  • 発売日: 2013/10/23
  • メディア: MP3 ダウンロード
  • この商品を含むブログを見る
 

 

歌詞の向こうに透けて見えるのは、何かに足止めをされ、立ちすくんでいる歌い手の姿だ。

 

慣れた事も考えず 暮らしてきたこの街は

広そうでも狭いから 日常が流れていく

 

昨日君が言っていたのは だいたいそんな意味かな

目まぐるしい世の中で 僕らだけが鏡の中

 

f:id:ManamiSinging:20150725014126j:image 

歌い手は、昨日、「君」と話をした。

「君」の言っていることは、なかなか感覚的なことのようで、上手く捕まえることが難しいけれど、歌い手は、「君」と同じ気持ちを抱えているのか、二人が「目まぐるしい世の中」とは時の流れの違う、「鏡の中」に居るようだという。

 

f:id:ManamiSinging:20150725014146j:image

 

何かが変わっていくのは それなりに馴染むけれど

何かを変えようと 出来るはずなのに

 

「変えようと 出来るはずなのに」と言うからには、一歩を踏み出せないでいるのだろう。自然と周りが変わっていくことには「それなりに馴染む」ことができるようになったとしても、自分から動き出すことは、まだできないのだ。

  

いつもと同じこの場所で 変わらない朝を迎えて

ぼんやり時計眺めたら 長めの針が追い越してた

 

歌い手は、何に想いを馳せているのか。

時が彼を追い越していく。

 

さよならまたねと 手を振る仕草は

合わせ鏡のようで

 

薄くなる影の先を眺めては

感傷には浸れず

 

f:id:ManamiSinging:20150725014138j:image

 

「君」と僕は合わせ鏡

二人とも同じ心を抱え同じ仕草で 道はわかれる

遠ざかりぼんやりと溶けて行く「君」の影をみていても

あの日を懐かしんで心が弾むこともない

 

新しい今日に 歩き出さなくちゃ

そろそろそろ

 

時が来ていることはわかっているのだ

きっと そろそろ

一歩を踏み出す時が

 

f:id:ManamiSinging:20150725014208j:image

 

そんな歌をうたっていたバンドが今は

 

捨て去って行くのは悲しいが

心はそこから解き放たれて行くのさ

(Surrender)

 

と歌っている。

 時の流れを感じます。