読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

彼方の音楽

毎日の中でこころ動かされたことを、つらつらと綴っていきます。

R&R Band Wagon Vol.015 & ゆるいか#117

フジファブリック メディア

フジファブリックがパーソナリティーの一組を務めるR&R Band Wagonのポッドキャストと、フジファブリックのネットラジオ「フジファブリックのゆるゆるいかせて」が両方更新される幸せな金曜日。ウィークデイのハードワークでヘロヘロのボロボロになっている私の心を癒してくれます。

 

R&R Band Wagon Vol.015

★はじまりましツァーのハプニングやエピソードは何かありますか?

「ギターアンプとベースアンプが合計10回くらい壊れた。ヒューズがとんだ」

これは、ビックリ。機材、がんばってくれているんですね。

がんばれ機材!

ダイちゃんからは、BOBOさんプレゼンツの久留米ラーメンツアーの話が。お昼ご飯が4時過ぎくらいだったということなので、やはり久留米、遠かったんですね。

 

★メンバーは占いやおまじない、ジンクスは信じるほうですか。

山総:朝のニュース番組の占いは学校行く前によく見てた気がする。100%じゃないけど、ちょっと信じてたかも。おみくじはずっと大吉(←これすごい)。

ダイちゃん:占いとかジンクスは、信じるとか信じないとかではない(←「なにそれ、深い系?」っていう山総のコメントが面白かった)。占いでは、僕は基本、褒められる。褒められるので、気分がいい。

 

「占いでもなんでもいい、とにかく褒めて欲しい」

「すごく褒められたいバンド、フジファブリックです」

「褒められて伸びるバンド」

「褒められて、生きていきたい・・・・」

 

占いの話が、褒められたい欲求の話に・・・・!!

 

★ライブ中の水分補給は、いつも何ですか。

加藤「マグの中には何入ってるんですか」

山総「ハーブティーです。ライブ中は声帯を酷使するけど、声帯はずっと湿ってる状態がいいらしくて」

金澤「ハーブです」

加藤「アツアツですか」

山総「ぬるめです。ぬるです」

金澤「ひと肌です」

山総「イキナシア、とか、エキナシア?とかが入ってるやつ・・・」

金澤「あれは、トラディショナルメディシナルのスロートコートです。」

山総「あ、じゃあそれです」

 

トラディショナルメディシナル(Traditional Medicinals) スロートコート 16袋 [海外直送][並行輸入品]

トラディショナルメディシナル(Traditional Medicinals) スロートコート 16袋 [海外直送][並行輸入品]

 

 

山総のカップの中身は、ダイちゃんが用意していたようですね。

ダイちゃん、良妻すぎ。

やはり一家に一台ですね。

 

★メンバーを動物に例えると何だと思いますか?

加藤さん:メンバー全員一致でヤギ。

ダイちゃん:「ミーアキャットは、ぴんときてない」「俺、猫派じゃないよ。犬派だよ」「コアラに似てると思う。しがみつき系。コアラっぽくない?」「意外と爪が凄いとことかも」「たまに出すからびっくりする」「シャキーン!」

山総:「よく言われてたのはロバとか、柴犬」「ロバと柴犬の共通はなんだろうか」「眠いときロバじゃない?」

 

ゆるいか#117

ダイちゃんは、なぜゆるいかのオープニングのとき、あのしゃべり方なのだろう?

 

さて、出だし、「皆さん若干お疲れですか?声がいつもより低く感じますが」とダイちゃんから言われた二人。総一郎さんは、出てくる前、シャワーを浴びながら低い声を出す練習をしてきたからかも、とのこと。

 

んーーーー(アルトで)

えーーーー(アルトで)

 

なかなかいい声ですね!

しかし、カラスの行水なので、わりと一瞬の出来事。

加藤さんは明らかに二日酔いモードです。

 

★名古屋のラジオで「日本特殊陶製業市民会館フォレストフォール」と言っちゃったこと、スタッフに怒られませんでしたか?というお便りに対して

 「怒られてないですよ。やるとは言ってないからね!ホールの名前言っただけなんで」

小学生の言い訳。

怒られなかったのは、スタッフが諦めているからではないの・・・・?

 

ダイスケの小部屋

★家庭用フライパンでは、ニトリの一番高いやつ(でも2000円くらい)のがおすすめ。

 

★虫の話でちょっと盛り上がる

山総「虫は年々怖くなってるね」

加藤「ちゃんと見ちゃうからね、なんか」

山総「ショウリョウバッタって、細いからちょっと、キュッといったら『ぐちゃっ』となっちゃいそうで、今見たらちょっとコワイかもしれん」

金澤「たまに、すごいデカいショウリョウバッタいるよね」

山総「こんなんいるよね」(たぶんジェスチャー)

金澤「そんなんいる?」

加藤「それ猫ぐらいあるよ」

山総「これぐらいもいるよ!」(たぶんジェスチャー)

加藤「ちょっと縮んだ」

山総「突然変異、みたいな。あれは名前あるんですよ。デカショウショウバッタじゃなくて、何とかバッタっていう」

金澤「違う種類なんだ」

山総「ショウリョウバッタやけど、突然変異で。ゴジラの要領で」

加藤「ゴジラの要領は・・・ダメだね(笑)」

金澤「嫌いです虫。実家にたくさんいたんだけど」

加藤「嫌いだから東京出てきたんだよね」

金澤「はい・・・・ってそういうことか!」

 

★シャンプーと間違えてリンスだしちゃったときの対処法

山内:もったいないからリンスして、すぐ流す。リンスすぐしたほうが泡立ちいい時ない?(←それは単に、洗い流すことによって汚れが落ちるからであってリンスの効果ではないのでは・・・・)

ダイちゃん:リンスはあまりしない。リンスしなくても大丈夫なんですよ僕。なお、シャンプーは、時々、変えて、カラダを慣れさせないほうが効き目が持続する。

 

ガチ恋

フジフレンドパークで元彼に会って、帰りの電車で復縁を申し入れて無理と言われた彼女からのお便り。

フジフレンドパークで元カノに会って、フラれた当時に言えなかった「付き合っていた時はありがとう」という言葉を言ってモヤモヤも吹っ切れたという彼からのお便り。

 

「もしかしたらこの日、バンザイの歌詞間違えてなかったら、上手くいったかもしれんよ・・・」

 

山総氏、引きずっていますね。

そりゃあね。引きずってくれたまえ!(聴きたかったもん)