読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

彼方の音楽

毎日の中でこころ動かされたことを、つらつらと綴っていきます。

indigo la end 「悲しくなる前に」のMVで桜井ユキの映画を観たくなった

indigo la endとゲスの極み乙女という二つのグループでボーカルを務める、川谷絵音氏は、きっとすごくセンスのいい人なんだろう。音楽だけじゃなく、多方面において。「悲しくなる前に」のMVを観てそう思った。

 

悲しくなる前に

悲しくなる前に

 

 

演じてる風を装っていた私は

なけなしの感情を拾い上げた

「あなたはもういなくなったのね」

と呟いて心を押しやった

 

音数は決して多くない。

絡み合うギターとベースに、ボーカルの、ちょっとかん高い声がメロディアスに乗っていく。新しく加入したというドラムもいい。

ああ、自分の語彙の少なさが呪わしい。

なんですかねこれ?

 


indigo la End「悲しくなる前に」 - YouTube

 

悲しくなる前に

あなたを忘れちゃわないと

無理なの分かってるの

と夜更けに向かって走った

涙が枯れたらさ

またあなたを思い出すの

触れるか触れないかで

心臓が揺れるよ

抉るような声で

また呼びかけてよ

 

強がりと弱気が振り子のように交差して。

でも、この悲しみは私だけのもの。

今は好きなだけ泣かせてほしい。

 

夜の帳が下りたら私は

何度も忘れたあなたの前で

夜の帳が下りたら私は

泣き笑いしながら名前を呼ぶの

 

夜が来るたびに繰り返すのだ。

しばらくは。

そう、しばらくは。

 

MVの後半、桜井ユキが泣き出す。

その顔がいい。

女の顔をしている。

f:id:ManamiSinging:20150712032627j:plain

「愛されてたんだよね?」

問いは空を切った

 

意味のないことだとわかっていても、どうしても言いたくなってしまう。

でも答えてくれる人は、記憶の中にしかいないのだ。