読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

彼方の音楽

毎日の中でこころ動かされたことを、つらつらと綴っていきます。

「ALONE ALONE ALONE」 男の恋は別名で保存

ミニアルバム「BOYS」のラストを飾る一曲。作詞作曲は山内総一郎。
 

f:id:ManamiSinging:20150626024734j:image

 

最初聴いたときは、なんだか妙な曲だと思った。でも、朝と夜、アルバムを流して聴いた後、日中退屈な長い会議の最中も頭の中でずっと鳴っていたのは、この曲だった。

 

ALONE ALONE 

呼びかけても空しい響き

今でも僕を孤独にさせる

あの頃僕らの見ていたものが

幻のように記憶の中騒ぐよ

 

f:id:ManamiSinging:20150626024945j:image

 

全体を通して歌詞を見ると、誰かに出て行かれた若い男の歌のようである。途中、ラップのように歌われる以下のフレーズからは、出て行ったのはやはり「彼女」なのだろう。

 

頬触れる柔らかな手

そっと耳をくすぐる声

いっそ忘れられるのならば

思えば思うほど溢れるため息

 

f:id:ManamiSinging:20150626025029j:image

 

ただ、楽曲全体の持つリズム感というか、前面に出ているギターの音の感じが非常に乾いているので、「別れの後」を歌っているわりには、湿っぽさがない。この歌い手は、「自分は一人だ」と孤独を実感しながら、ひたすら走り続けている。

 

モヤモヤ今日も飛び出した一人

 

ALONE ALONE

宵闇迫る影が溶ける

今でも僕の情熱呼び覚ますよ

ありふれた明日を信じていたのに

陽炎のように記憶の中揺れるよ

 

歌い手は、思い出を振り払うように、走り続けている。感情と、それに対する対処法のちぐはぐさが、奇妙なリアリティを持つ。この歌い手が「彼女」に出て行かれたのは、もうかなり昔のことなのではないかと思う。

 

ALONE ALONE 

呼びかけても空しい響き

今でも僕を孤独にさせる

 

「彼女」も自分も、既にほかの暮らしをしているのかもしれない。それでも、ふと、その人の名前を呟くことがあって、そうするたびに、実感された不在が孤独を際立たせる。いい加減、きれいさっぱり忘れてしまえばいいのに、それができない。

 

f:id:ManamiSinging:20150626025040j:image

 

男の恋は別名で保存、女の恋は上書きで保存という。男にとってかつての恋人は、事情があって別れてしまったけど今でも自分を好きかもしれない、憎み切れない存在であることが多いのに対し、女にとってかつての恋人は、物凄い勢いでどうでもいい過去の人になっていく(ケースが実に多い)ことを揶揄した表現である。

 

そういった男心を「切ない」と表現することもできるし、「ありがちだね」と醒めた目で見ることもできる。私はどちらかというと醒めた目で見てしまう方であるが、この曲のギターの音がひどく乾いているせいで、嫌な感じはせず、むしろその青い感性を魅力的と思う。

 

f:id:ManamiSinging:20150626025050j:image

 

 等身大の山内総一郎、という感じの曲である。