読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

彼方の音楽

毎日の中でこころ動かされたことを、つらつらと綴っていきます。

Mr.Children 「REFLECTION」鑑賞会

夫がMr.Childrenのファンであるため、本日はニューアルバム「REFLECTION」がずっと家の中で鳴り響いている。

  

REFLECTION{Naked}完全限定生産盤(CD+DVD+USB)

REFLECTION{Naked}完全限定生産盤(CD+DVD+USB)

 

 

あんまりいい喩えじゃないかもしれないけど、水商売の女の子がお店の中で見せる顔が{Drip}で。{Naked}はちゃんとした彼氏に見せる本当の私の顔、っていうかね(笑)」(音楽と人2015年7月号〔桜井和寿インタビュー〕)

 

その噂のNakedのUSBは、こんなカタチでした。

 f:id:ManamiSinging:20150606014805j:image

 

 たしかにカッコいい・・・・。なんですかこのクリスタルみたいなのは!

ちなみに我が家のオーディオシステムにはささりません。そのためまだハイレゾ音源では聴けていません。

 

ちゃんと全曲は聴けていませんが、ひとつひとつの音がとてつもなくクリア。あと桜井さんのボーカルが素晴らしい。DVDをみると、一小節ずつ録り直したりしていて、拘りが半端ない。神は細部に宿るということか。

 

「いっそ飛べない鳥の羽なんか もがれちまえばいい」

そう ほざいてみたって試練は手を緩めちゃくれない

だから もうユニフォーム脱いで 脱いで

自由 自由 自由!

今日も僕は昇ってく

時に下り また昇る

繰り返しながら いつか辿り着く

胸の中の約束の場所へ

(「未完」より)

 

夫は桜井さんと同い年である。

それもあって二人で感動している。45歳でこういう歌詞を心の底から唄いたいと思い、そして唄える、というのは本当に凄いことだ。

 

「そんな今更がんばっちゃってもさ」なんて言って、色んなことをやり過ごすのが大半なのではないだろうか。でもそうしているうちに人生終わったら、それは本当に悔いがないといえるのか。

 

私は嫌だ。

やりきって、やりつくして死にたい。

自分にできることはすべてやりたい。

 

そうすると自然と摩擦も多くなる。でもそれでもいいじゃん、と背中を(強力に)押す力のある、そんなミスチルのサウンドでした。