読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

彼方の音楽

毎日の中でこころ動かされたことを、つらつらと綴っていきます。

「Light Flight」 浮遊する希望と哀しみ

2013年に発売された、フジファブリックとして13曲目のシングル。アルバム「VOYAGER」のエンディング曲でもある。作詞山内総一郎・加藤慎一、作曲山内総一郎。

 

Light Flight(初回生産限定盤)(DVD付)

Light Flight(初回生産限定盤)(DVD付)

 

 

「VOYAGER」の特典映像「Document 2012 -part 2-」をみると、曲の作成過程が少し覗けて興味深い。3人が一緒に曲を作っている様子がよくわかる。山内総一郎がアゴを突き出してうーうー悩んでいるところに、金澤ダイスケがアドバイスをする。すると、メロディーラインがつながる。

 

楽曲自体はかなり凝った造りになっているようで、ホーンや鍵盤が重なり合って、教会の音の響きを連想させる浮遊感をもたらしている。そこに浮かび上がる歌はこんな風。

 

仕舞い込んだ夏の欠片 一つづつ数えながら

悲しい歌 消えないから 耳を塞いで歩き出した

 

ありふれてた 君の笑顔 一人きりの帰り道

見慣れてたこの街で いつかの記憶探している

 

今はもういない誰かの事を想っている。頭の中こだまする「悲しい歌」は消えない。

 

3人体制になって最初のツアーを始めるにあたり、すごく不安があったと山内総一郎は語る。お客さんがゾロゾロ帰ってしまう夢を何度も見たと。デビューしたてのバンドとは違う、既に人気のあったバンドでの後継としてのフロントマン。プレッシャーが大きいのは当然だろう。でも、ツアーで沢山の人に迎えてもらって、それが希望になった、自分たちが進むべき道を照らす光みたいだと思ったと言う。

 

醒めない夢ならまだ 醒めても夢ならまだ

醒めてる夢は

 

通り過ぎた夏の欠片 照らす月が映しだす

悲しい歌 消えないけど 君の面影が道標

 

駆け抜けた20代は、彼らにとって夏だったのか。今見上げるのは冬の空。季節は廻って、またやがて夏がやって来るのだけれど。でもあの夏、あの日は、二度とはないのだ。

 

響きあう光 戻れない日々のハーモニー

口ずさみながら 瞬いている

遠い日のメロデイ 悲しいだけじゃないから

夜空に散りばめ 輝かせてみせるよ

 

喪った何かを想う気持ちとそれを導く小さな希望、というのは、この後も繰り返し、フジファブリックの歌に出てくるモチーフの一つとなる。

 

ラストのホーンの包むような音色に、優しい気持ちになる一曲。