読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

彼方の音楽

毎日の中でこころ動かされたことを、つらつらと綴っていきます。

アルバム「LIFE」 そして僕らは何度でも生まれかわる

フロントマンであった志村の急逝の後、「MUSIC」を経てからフジファブリック3枚目のアルバム「LIFE」は、「リバース」という不思議な曲で幕を開ける。 リバース アーティスト: フジファブリック 出版社/メーカー: Sony Music Labels Inc. 発売日: 2014/09/03…

「卒業」 武道館用描き下ろし、か?

アルバム「LIFE」収録曲。曲順はラスト。作詞作曲山内総一郎。 卒業(Live at 日本武道館) アーティスト: フジファブリック 出版社/メーカー: Sony Music Labels Inc. 発売日: 2015/04/08 メディア: MP3 ダウンロード この商品を含むブログを見る 不思議なイ…

「Surrender」 アルバム「LIFE」へと続く道

シングル「LIFE」のカップリング曲。作詞作曲山内総一郎。「LIFE」と方向性は違うけど、同じくらい力強い音。 Surrender アーティスト: フジファブリック 出版社/メーカー: Sony Music Associated Records Inc. 発売日: 2014/02/12 メディア: MP3 ダウンロー…

「祭りのまえ」 リーマンが公園で景色眺めてる、的な

アルバム「LIFE」の中でも少し変わった、無国籍っぽい雰囲気の一曲。作詞作曲山内総一郎。「ウクレレでどれだけ暗い曲が作れるだろうな?と思って」作ったとのこと(ギターマガジン2014年10月号)。 祭りのまえ アーティスト: フジファブリック 出版社/メーカ…

「sing」 声という楽器を奏でる

アルバム「LIFE」の収録曲。作詞作曲山内総一郎。Live at 武道館ではアコースティック弾き語りで披露された(アルバムでは鍵盤もベースも入ります)。 sing(Live at 日本武道館) アーティスト: フジファブリック 出版社/メーカー: Sony Music Labels Inc. …

「efil」 楽器で会話するみなさんが楽しそうです

アルバム「LIFE」の収録曲。作詞作曲山内総一郎。曲順としては、「祭りのまえ」から一転して、「WIRED」に繋がっていく位置。Live at 武道館でも披露されました。 efil(Live at 日本武道館) フジファブリック ロック ¥250 provided courtesy of iTunes これ…

「シャリー」 すみません、この女がキライです

アルバム「LIFE」に収録のノリのいい一曲。作詞作曲山内総一郎。 LIFE(初回生産限定盤)(DVD付) アーティスト: フジファブリック 出版社/メーカー: SMAR 発売日: 2014/09/03 メディア: CD この商品を含むブログ (4件) を見る 曲としては悪くない。ライブでは…

「はじまりのうた」 キラッキラが爆発中

Live at 日本武道館で、「みんなに対するラブソング」として初披露された配信限定の一曲。作詞山内総一郎、作曲山内総一郎・金澤ダイスケ。 はじまりのうた (Live at 日本武道館) フジファブリック ロック ¥250 provided courtesy of iTunes これは武道館音…

「カタチ」 ストレートな言葉と音が繰り出す力

アルバム「LIFE」に収録された一曲。作詞作曲山内総一郎。6/8拍子の繰り出すビートと、これにのったオルガンと、歌詞がうまくマッチした一曲。 LIFE(初回生産限定盤)(DVD付) アーティスト: フジファブリック 出版社/メーカー: SMAR 発売日: 2014/09/03 メデ…

「robologue」 ロボットの僕が見る夕焼けは

アルバム「LIFE」の中の一曲。作詞山内総一郎、作曲金澤ダイスケ。「LIFEツアー」でも、「はじまりましツァー」でも、なぜかまだこの曲だけはやっていない(2015年5月現在)。ピアノのリフが印象的な一曲。金澤ダイスケいわく「ヒップホップ」だそうです。 L…

「WIRED」 脳から直接繋いでみてください

Wired は、「配線された、有線の」とか、「興奮した、神経過敏」という意味がある。ここでもダブルミーニング。作詞加藤慎一、作曲山内総一郎の、重低音のロックっぽい実にカッコいい一曲。「ブルー」とダブルA面でシングルカットされています。アルバム「LI…

「LIFE」 なんてことない日常に涙する

イントロの跳ねるようなピアノは、チャンダイ先生が中学2年生の頃に手癖のように弾いていたというもの。これから何が始まるんだろう?という予感でワクワクさせる。アニメ「銀の匙」2期のオープニングソング。一言でいうと、極めて完成度の高い一曲。 LIFE(…

「Gum」 彼から彼へのラブソング

「自分が過去に好きになった人の影響が自分のなかで生き続けているということを考えながら歌詞を書きました。」(アルバム「LIFE」ライナーノーツ)という、アルバム「LIFE」の中の一曲。作詞作曲は山内総一郎。 Gum(Live at 日本武道館) フジファブリック …

「ブルー」 想いを上手に伝えられない

私が今のフジファブリックを好きになった切っ掛けともいえる曲。 美しい、でも少しさみしい(まさに人気のないプールサイドみたいな)ピアノのイントロに導かれ、はじまるのは、何かの帰り道、「まとめた言葉」は単純なのに、「君」に思っていることをうまく…